なぜ専門の声優じゃない人が吹き替えをやることがあるの?

脇役でも著名人を使うことで大きな宣伝効果になる

アニメや外国映画の吹き替えで活躍する声優はほとんどが専門、つまり、声の仕事で食べているわけですが、たまに専門外といえる俳優や著名人が吹き替えを行っていることがあります。なぜ、専門外の人が声優として使われるのでしょうか。理由としてまず挙げられるのは宣伝効果です。たとえば、アニメの吹き替えをお笑い芸人がやった場合、それだけでテレビやスポーツ新聞の記者たちが集まり、インタビューを放送したり、記事にしてくれます。

自然な声を求めてわざと声優以外の人に頼むことも

話は面白いものの、派手なストーリーではないので宣伝が難しいといった映画の場合、主役級は専門の声優で固めて、脇役の一人に俳優や芸人、有名人を充てれば、いい宣伝になって集客を期待できるというわけです。また、実力を見越しての起用もあります。というのは、よく甲高い声を出す女性に対して「アニメ声の持ち主」というレッテルが貼られますが、声優というのは日常的には不自然な声の持ち主という印象を持つ人が少なくありません。

専門職のキャラは本物の専門職が充てることも多い

そのため、リアリティのあるストーリーで構成されているアニメの場合、自然な声、あるいは話し方という部分を期待して、あえて俳優でもない有名人を起用する監督がいるのです。アニメの中に専門職のキャラクターが出てくる場合、同じ仕事に就いている有名人が声を充てることもよくあります。たとえば、アナウンサーが出てくる場合は、アニメのスポンサーになっているテレビ局から本物のアナウンサーが起用されるということが多いです。

声優の養成所は多くの場合、芸能事務所が経営しており、養成所の卒業と同時にその芸能事務所に所属することになります。また、入学の際にオーディションを行い、その出来によっては学費の免除などもあります。