損得に関わる?信用取引に適した証券会社の選び方

利用者の多い人気証券会社を選ぼう

証券会社は日本にたくさんあって、その選び方次第では、同じ株取引をするのであっても最終的なリターンが違ってきます。特に信用取引をする場合には、証券会社選びには十分な注意が必要でしょう。なぜなら、手数料の額も違ってきますし、取り扱い銘柄数も違ってくるからです。取引ソフトウェアの性能も違いますから、ベストな会社を選び出さなければいけません。多くの人に選ばれている会社ほど、そうした基本的なところでクオリティが高いので、ベタでもランキング上位の会社を選びましょう。

メインバンクとの連携が取りやすい会社なら便利

もしもメインバンクが証券部門も持っているなら、そちらで口座を作るのがいいかもしれませんね。一般口座はもちろん、信用口座も作りやすくなる可能性があります。信用取引をする際には審査にパスしなければならないのですが、銀行口座をすでに持っているなら、審査が緩くなる可能性も考えられます。銀行口座との連携も取りやすくなりますし、場合によってはユーザーランクが上がって色々とお得なサービスが受けられるようにもなります。

自分の買いたい商品があるかどうかで選ぶ

証券会社によっては、取り扱っている株式銘柄や投資信託の種類も違っています。自分が買いたいと思う商品がないなら、その会社で口座を作る意味はほとんどないのです。まずは、自分が買いたい商品が揃っているかどうかの確認をしておきましょう。特に投資信託は、その会社にしかないというケースも多いです。信用取引におけるルールも、会社ごとに違う場合があるので要注意ですね。ただ、複数の会社で口座を作ってベストなところを常用するという手もありです。

株の信用取引は、証券会社に一定の担保を差し出すことにより、手持ち資金以上の金額を動かせる取引手法のことです。最大3倍のレバレッジ取引が可能なので、短期間に大きな利益を狙えます。