兄弟間での相続トラブル?!トラブルを避けるために出来ること3選!

親の意思を聞いておこう?!

遺族間で遺書に書かれていた遺産の分配が不公平な場合や、親が書いた遺書に日付が書かれていないと、無効となってしまうため、トラブルが起こることがあるため注意しましょう。トラブルを避けるためにも、資産目録を作っておいたり、法定相続人を確認しておくとよいです。また、親が誰にどの資産を相続したいのかという事は、家族全員で話し合っておくと良いです。また、トラブルを避けるために、遺言は遺言書ではなく、第三者の証人を含めて公的に行ったり、エンディングノートを作成しておいて貰いましょう。

相続税についても確認しておこう?!

一般的に相続税は、貯蓄税や株式、土地や建物などにかかります。しかし、自宅や建物の場合、小規模宅地の特例というものがあり、申告することによって相続税が少なくなるでしょう。また、親と同居していた場合などは相続税が8割減になります。相続税を幾らかでも少なくするための申告は、10ヶ月以内に行わなければならないので気を付けましょう。相続税が高いということで揉めるトラブルが発生することもあります。どれだけの相続税がかかるかは、実際に相続を受ける前に把握しておくことが大切です。

資産の分け方を知っておく?!

トラブルを避けるためにも、相続の分け方について知っておきましょう。資産の分け方には四種類あり、現物分割や弁償分割、換価分割や共有があります。現物分割の場合は、現状であるものをそのまま分割する方法です。弁償分割は、相続されるものに差がある場合、多く相続するものが少なく相続する者に対し、金銭を支払います。換価分割は自宅などの資産を売却し、金銭を分けるという方法で、共有は自宅などの名義を無理に決めずに、全員のものとする方法です。様々な分割方法を知っておくことでトラブルを避けることに繋がるでしょう。

相続税相談のコツをつかむために、信頼のおける税理士や公認会計士などの事務所の取り組みに目を向けることが効果的です。