弁護士費用は分割払い出来る所を選ぶことが可能です

弁護士費用には着手金と成功報酬があります

自己破産手続きを行う際には、弁護士として25万円から50万円程度の費用がかかります。内訳として着手金として最初に支払う費用と、成功報酬として後払いとなる費用の2種類がありますが、分割払いに対応している弁護士事務所では無理なく支払えるように最初から総額を分割払いとしている所もあります。債務者との折衝から自己破産手続きに必要な書類の作成まで幅広く行うことが出来るので、複数の弁護士事務所に問い合わせて実際に無料相談を行ってから決めると良いでしょう。

分割払いや法テラスの利用も可能です

一括払いのみしか受け付けない弁護士事務所も中にはありますが、自己破産手続きを行う人は経済的な余裕が無いことは明らかです。多くの弁護士事務所では自己破産に必要な弁護士費用は分割払いに応じている所が多いでしょう。国の制度として法テラスを利用して弁護士の紹介を受ければ、定額費用で分割払いを行えます。弁護士を自由に選べる個別の契約か、法テラスを利用した弁護士費用の定額化か、選択する際には弁護士との相性も判断材料に加えると良いでしょう。

過払い金が見つかれば弁護士費用に充てられます

弁護士費用を分割払いとしている場合であっても、自己破産手続きを準備する際に過払い金が見つかれば、先に過払い金返還請求訴訟を行うこととなります。過払い金が戻ってくれば弁護士費用に充当することが出来るので、弁護士費用を早く支払うことが出来ます。債務調査の段階で過払い金が判明したらすぐに弁護士費用に充当する旨を弁護士に申し出ると良いでしょう。弁護士としても早く報酬を受取るために、過払い金返還請求をすぐに提起してくれます。

自己破産をすると今後の銀行取引が厳しくなるようなデメリットもありますが、人生をやり直す国が認めている一つの救済処置だと思います。