通信制高校の通学頻度はさまざま。自分で選択。

通学頻度は月2回が多いが

通信制高校の通学頻度はまちまちです。各高校でさまざまな設定をしていて、自分に合った頻度を自分で選べます。月2回というところが多いですが、通学制の高校と同様に週5日通学するコースもあります。年に1回合宿形式で対面指導をまとめておこなうところもあります。インターネット画面を通じて、テレビ電話のような形式で対面指導をおこなうところもありますので、よく情報を集め、詳しく調べてから自分に合った通信制高校を選びたいものです。

大学進学向けのコースなら週5回も

大学進学向けのコースでは、週5日通学するケースも多いようです。一方、大学受験勉強は自宅で自分のペースでやったほうがはかどるというタイプの生徒もいて、全員が週5日の通学を希望するわけでもありません。学習方法は各自向き不向きがあり、個人に合った方法が自由に選べるのが通信制高校のいいところです。教育はサービス業であり、学ぶ側の効率最優先で進めるという姿勢が徹底してます。振り落としや評価の場ではないので、学習に取り組みやすいですね。

ペースも各自さまざま

通信制高校には学年がありません。それもまたいいところですね。各自が自分のペースで学習を進めます。これが本来のあり方なのかもしれません。ハイピッチで単位をとっていけば、かなり短期間に卒業できますし、卒業まで時間がかかっても、クラスも学年もないので、人と比較して気にしたりすることもありません。自由度が高い分、自分で自分を律していかなければなりませんが、高校卒業という目標がはっきりしていますので、励みやすい環境と言えるでしょう。

通信制高校とは通信制度を利用して高校に通う学校のことです。三年間で卒業でき、卒業すれば高校卒業の資格を得ることができます。